A Commitment to Fight the Illegal Wildlife Trade in Africa | TIME.com

アフリカゾウの密漁が盛んに行われて危機的状況にある。嘗て象牙の国際取引規制で象牙への関心は鎮静化したことがあったが、昨今のアジアの国の経済発展が象牙消費を盛んにし、大量の象の密漁と象牙取引が行われている。この密漁を行う者たちは、アフリカにおける過激派が絡んでいる(アルカイダなど)ので厄介な問題につながってもいる。
多くの保護団体が危機感を持って対応にあたっている。中でもClinton Global Initiative (CGI) は大きな役割をはたしている。この財団のChelsea Clinton(クリント大統領の娘)は熱心に活動している。Twitterなどで世界に呼びかける影響力は大きい。
タイは、象牙の最大の輸入国であるがインラック大統領は、取引禁止にうごきだした。もう一つの大量消費国である中国でもYao Ming(有名な元バスケット選手)などが保護運動に立ち上がっている。
This is a security issue because of how closely ivory trafficking is linked to destabilizing forces in central and west Africa,” says Chelsea Clinton. “It’s also a conservation and development issue. I know I don’t want my children to grow up in a world without elephants.”
A Commitment to Fight the Illegal Wildlife Trade in Africa | TIME.com: