Sleeping Rosetta spacecraft wakes up for historic comet rendezvous and landing - NBC News.com

2年半の冬眠にはいってた衛星「Rosetta」が深い眠りから覚めて活動を開始した!最初のメッセージはTwitterで「Hello,Wordl!」だった。

Rosettaは2011年の半ばから木星の軌道近くで冬眠に入っていた。太陽エネルギーで動いているが、この地点くらいになると太陽エネルギーが弱いため。

2年半眠って、覚醒するのは歴史的な快挙である。

Rosettaはこれから”氷”の彗星(67P/Churyumov-Gerasimenko)と5月ごろにランデブーしながらこの衛星の軌道に入り、11月には搭載している探査機「Philae」を軟着陸させることになる。その後、1年間に渡り観察が続く。

嘗て彗星に着陸して観察した衛星は存在しない(「はやぶさ」があるはずだけど、書いてない)Philaeは10種類の科学探査機器を搭載、ドリルで20センチの深さまで掘ることも可能。このとにより太陽系の謎に迫ることができる。

カメラも搭載しているのでPhilaeの着陸した地点および地平線をパノラマ撮影して送ってくる予定。

Rosettaの方は11種類の科学探査機器を搭載している。こちらからの情報もある。

現在、衛星と彗星は900万キロの距離にある。彗星は太陽へドンドン近づいてきている。5月にはその距離が120万キロに近づく。



Sleeping Rosetta spacecraft wakes up for historic comet rendezvous and landing - NBC News.com: