TPPが決着しまたね。


TPPが大筋合意で一応の決着をみたのでちょっとお勉強。(私はTPP合意を歓迎したいと思っています。)
環太平洋戦略的経済連携協定(英語: Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement または単に Trans-Pacific Partnership)は、環太平洋地域の国々による経済の自由化を目的とした多角的な経済連携協定 (EPA) である。

TPPが生活に及ぼすメリット
世界各国の貿易の現状(日経にしては分かりやすいインフォグラフィック)
TPPの最重要点は関税ではなく「ルール統一」にある

日本ではマスコミや野党が農業分野に焦点を絞って報道しこれを潰そうとする動きが強いように思います。しかし、私たちの生活全般、そして私たちの子や孫の時代を展望する時、この狭い分野にのみ囚われて判断すると大きな過ちを犯すことになると思います。(日本の農業分野が影響を受けると思われるものは金額換算すると極めて小さいものです。)
TPPから脱退などしたら、世界から取り残された「孤児」となるでしょう。
TPPの日本に視点をおいた議論の要点

TPPで話し合われて来た分野は極めて広い
TPP会合では以下の24の作業部会が設けられている
  1. 首席交渉官会議
  2. 物品市場アクセス(農業)
  3. 物品市場アクセス(繊維・衣料品)
  4. 物品市場アクセス(工業)
  5. 原産地規制
  6. 貿易円滑化
  7. SPS(衛生植物検疫)
  8. TBT(貿易の技術的障害)
  9. 貿易救済(セーフガード 等)
  10. 政府調達
  11. 知的財産[21]
  12. 競争政策
  13. サービス(越境サービス)
  14. サービス(商用関係者の移動)
  15. サービス(金融サービス)
  16. サービス(電気通信サービス)
  17. 電子商取引
  18. 投資
  19. 環境
  20. 労働
  21. 制度的事項
  22. 紛争解決
  23. 協力
  24. 横断的事項特別部会

今後のスケジュール:
「詳細条文の詰めと公表、署名、各国議会承認、国内法整備、その後の運用など」を踏んでゆくことになるようです。