Marius the giraffe put down at Copenhagen Zoo and fed to the lions | Travel | Travel News and Holiday Deals | | Herald Sun

コペンハーゲンの動物園で生後18ヶ月のキリン「Marius」が殺されて、園を訪れたこどもを含む人たちの前でライオンの餌となった。

この処分の前には、多くの動物愛好家がMariusを救うための募金や署名活動をおこなったり富有な人が買い取りと他の園へ移すお金の拠出を申し出たりした。

動物園の判断は「近親交配」を避けることが不可欠とした。園は麻酔をかけた後「bolt gun」(牛の屠殺時などにつかう)で殺した。

園を訪れていたこどもを含む入園者は検視から皮を剥いで幾つかにばらされるのを見ることができた。ある人たちは写真をさえ撮った。周りの人の中にはこれを辛い思いでみた。

ライオンは、このキリンを見学者の前でガツガツと食べた。

動物園のスタッフの中には、キリンを殺すことで命を狙うというような脅迫を受けた人もでた。夜中に電話をかけられたスタッフも。

European Association of Zoos and Aquaria (EAZA) の規定で近親交配のキリンは避けるべきとされている。そのようなキリンが成長して大人になることはあってはならなこととされている。去勢することも検討はされたが、その結果どのようなことになるかが予想できず断念。また、野生に戻すことも計画にはならなかった。

EAZAに加盟していないスウェーデンの動物園が引取を申し出たがコペンハーゲンからは反応はなかった。

‘‘Save Marius’’の署名は33,000以上にも達し、彼らの怒りは大きなものがあった。

Marius the giraffe put down at Copenhagen Zoo and fed to the lions | Travel | Travel News and Holiday Deals | | Herald Sun: